ワインBAR 8月2週目の内容

2016年8月2

この週は貸し切り 代金内訳 食事4品コース4500円 ワイン代(4名様ワイン4本一人6000円)
合計10500円(税込)となりました。ご来店有難う御座いました。

写真右から

①シャトー・ド・シトー・フィリップ・ブズロー・クレマン・ド・ブルゴーニュ
ノンヴィンテージ
泡白・・・・・・・(お菓子のカール)チーズの香り きりりとしたドライな仕上がり 滑らかな後味
生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ
ブドウ品種・・シャルドネ80% アリゴテ20%
価格・・・・・・・3480円

②ジャンマルク・ボワイヨ・マコンヴィラージュ・ブラン
2014年
白ワイン・・・・・蜜っぽい香りと樽のフレーバー 果実味ある辛口
生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ マコン
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・・・3500円

③ドメーヌ・デ・ザコル・ル・カブ・デ・ザコリット
2013年
赤ワイン・・・・野性的な香りとピーマン系の青い香り 味わい果実の有る円やかな口当たり
生産国・・・・・フランス  南フランス
ブドウ品種・・カベルネソーヴィニヨン85% グルナッシュ15%
価格・・・・・・・3000円

④テスタマッタ
2005年(自社セラーリング)
赤ワイン・・・・・しっかりとした乾くような渋み 樽のニュアンス 酸味と甘みのバランスよいボルドー風
原産国・・・・・・イタリア トスカーナ
ブドウ品種・・・サンジョベーゼ
価格・・・・・・・・12000円


冷前菜盛り合わせ 自家製スモークサーモンマリネ パルマ産生ハム 大エビのマリネ アンデスメロン カブの昆布漬け

ワインはの本初上陸の生産者!フィリップ・ブズローの泡で!
①シャトー・ド・シトー・フィリップ・ブズロー・クレマン・ド・ブルゴーニュ
ノンヴィンテージ
泡白・・・・・・・(お菓子のカール)チーズの香り きりりとしたドライな仕上がり 滑らかな後味
生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ
ブドウ品種・・シャルドネ80% アリゴテ20%
価格・・・・・・・3480円

ムルソー村で9世代ワイン造ってんだってぇ。すげねぇ。
日本初上陸らしいけど・・・正規にはって事かな?よう解らん。
泡以外にも入荷してっから良かったらどう?
きりりとした辛口、香りが良いねぇカールみたい!
また陳腐な表現炸裂ですが!!だってカールの香がすんだからしゃ~ね~べ。
うめ~よ。
ちなみにドラモットのブラン・ド・ブランもカールの匂いすっかんねぇ。

2016年8月2-1冷前菜(スモークサーモン・生ハム・大エビ・メロン・カブ)


鮑粥 すごいねぇアワビガユだって!!〆の料理だねぇ。

ワインは②の白ワインで
②ジャンマルク・ボワイヨ・マコンヴィラージュ・ブラン
2014年
白ワイン・・・・・蜜っぽい香りと樽のフレーバー 果実味ある辛口
生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ マコン
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・・・3500円

まぁ裏切りは無いねぇ。果実と樽のニュアンス、バランスの良さ。
若いからか??少し苦みがあっけど、文句ねぇねぇ。
魚介の出汁とよく合ってるよ。

2016年8月2-2鮑粥


軽い?肉料理 常陸牛のばら肉前菜風仕上

ワインは野性的な香り味は円やかな赤ワインで!
③ドメーヌ・デ・ザコル・ル・カブ・デ・ザコリット
2013年
赤ワイン・・・・野性的な香りとピーマン系の青い香り 味わい果実の有る円やかな口当たり
生産国・・・・・フランス  南フランス
ブドウ品種・・カベルネソーヴィニヨン85% グルナッシュ15%
価格・・・・・・・3000円

還元的な香りってカッチョよく言うけどさぁ~ようはクセエェ~ンだよねぇ…。
馬小屋風の家畜の香りっぽい野性的な香りがあんだけど、
時間とともに消えるんじゃなくて一口飲んじゃえば気になんなくなるって事だんべ!
んでも味は良いよ。
カベルネフランで作った濃い旨み系の赤ワインと
カオール辺りの中位のボリュームの赤ワインをブレンドしたような味だねぇ。
ん!想像できないって!んじゃ飲んでみなぁ。
ほんのりピーマン的な香りも有っかんねぇ。
なんだか不味そうなコメントだけど…要は個性的なだけさ!
味は円やかでうめぇから一度のんでみな!

2016年8月2-3常陸牛ばら肉前菜仕立て


三元豚バラ焼きトンポーロー

ワインは!!!でた!!④のプレミアム赤
④テスタマッタ
2005年(自社セラーリング)
赤ワイン・・・・・しっかりとした乾くような渋み 樽のニュアンス 酸味と甘みのバランスよいボルドー風
原産国・・・・・・イタリア トスカーナ
ブドウ品種・・・サンジョベーゼ
価格・・・・・・・・12000円

いやいあや渋いねぇいろんな意味で!完熟フルーツと言うよりは、
酸味もあってボルドーに寄った感じっぽいのかねぇ?
んでも香りはゴムっぽさもあって、その点でイタリアの魂は感じるよねぇ。
樽の風味もまだ全部溶け込んだとは言い難いけどさ、
まだまだ口ん中が乾く印象だねぇ。13年経ってんだけどねぇ。
プレミアムな赤ワインって感じは十分に伝わるわねぇ。美味いよ。
今はサントリーが売ってから流通がぐちゃぐちゃなんだろうけど?
一度は飲んでみるに値するんじゃねェけ?

2016年8月2-4三元豚バラトンポーロー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です