今週のワイン

投稿日:

2012年7月3
写真右から
①クレマン・クリュール・クレマン・ダルザス・ブリュット・キュヴェ・マネキネコ・N/V・白スパークリング・辛口・・・・・2850円
  生産国・・・フランス アルザス ブドウ品種・・・ピノブラン60%ピノオーセロワ40%
②ドック・ポイント・セレクション94・2008年・白ワイン・辛口・・・・・4200円
  生産国・・・ニュージーランド マールボロ ブドウ品種・・・・・ソーヴィニヨンブラン
③リエチーネ・キャンティ・クラシコ・リゼルバ・1999年・赤ワイン・・・・・4500円
  生産国・・・イタリア トスカーナ ブドウ品種・・・・・サンジョベーゼ
④シャトー・ラグセット・アートラベル・2005年・赤ワイン・・・・・3300円
  生産国・・・フランス カオール ブドウ品種・・・・マルベック87%メルロ12%タナ1%
イカ下足揚げ2
イカの下足揚げ
悩んだときはイカ下足揚げ。簡単、美味しい、安い!言う事なしですね。しいて言えばオリーブオイルで揚げるのでオイル代が高いくらいでしょうか?まぁ・・・細かいことですけどね。さてワインは①のキリリと引き締まった辛口のスパークリングワインを合わてみました。招き猫のエチケットが可愛らしいアルザス産のスパークリングワインです。
ホロホロ鳥の前菜
ホロホロ鳥の前菜仕立て
フォワグラはブランデーやマルサラ酒、塩、胡椒でマリネして置きます。ホロホロ鳥のモモ肉は骨を取り除き開いて風味漬けにブランデー、香草を振りかけて1時間ほどマリネしておきます。マリネしておいたモモ肉でフォワグラを包み蒸したものを冷蔵庫で冷やし固めます。取り出して輪切りカットしてホロホロ鳥の骨で採ったフォンで作ったゼリーで一つずつゼリー寄せにして下準備の完成。ソースは焼いた赤ピーマンをフォンドヴォライユで煮込んでミキサーでピュレ状にして泡立てた生クリームと合わせた物。ワインは円やかさとコクのある②の白ワインと合わせて見ました。複雑な風味としっかりとしたストラクチャーがある辛口の白ワインです。料理の厚みに負けない飲み応えの有る白ワインはこう言うお料理に相性が良いですねぇ。軽めの赤ワインでも良いですよ。
トリッパのトマト煮込み
トリッパと豚のすね肉のトマト煮込み
題名そのままにトリッパと豚のすね肉を煮込んだ一皿。全て別に煮にしてから仕上げの段階でトマトソースと合わせております。夏ですので少しピリ辛です。ワインはしっかりとした個性を持った③のイタリア産の赤ワインと合わせて見ました。99年産の熟成の進んだ赤ワインはなんとも優雅で美味で御座います。
和牛リブ肉のポワレ
和牛リブ肉のポワレ ポルチーニソース
お肉は塊のままサラダ油で漬け込んで3日ほどマリネしてから使用しております。ソースはマルサラのソースをベースに乾燥ポルチーニを加えて風味とコクをプラス。なんとも贅沢な一皿になりました。ワインはキノコの風味とお肉の円やかな甘さが良く似合う④のカオール産の赤ワインと合わせてみました。しっかりとした骨格を持ちながらもスムースなのど越しがあり、高貴な風味を漂わせております。中々に旨い赤ワインですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です