今週のワイン

投稿日:

2014年10月4

写真右から

①ニコラ・フィアット・ブリュット・レゼルヴァ・エクスプロレーション・ボトル
ノンヴィンテージ
泡白・・・・・・力強い味わいの辛口
生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
ブドウ品種・・・ピノノワール40% ピノムニエ40% シャルドネ20%
価格・・・・・・5200円

②ジュリアン・ギヨ・マコン・ヴィラージュ
2012年
白ワイン・・・・滑らかな喉越しの辛口
生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ マコン
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・2980円

③ピカーディ・ピノノワール
2007年(自社セラーリング物)
赤ワイン・・・・甘みのある滑らかな口当たり
生産国・・・・・西オーストラリア ペンバートン
ブドウ品種・・・ピノノワール
価格・・・・・・5000円

④カステッロ・モナチ・アルタス・プリミティーヴォ・サレント
2005(自社セラーリング物)
赤ワイン・・・・豊かな果実味 バターの様な余韻
生産国・・・・・イタリア プーリア サリチェ・サレンティーノ
ブドウ品種・・・プリミティーヴォ
価格・・・・・・5500円

丹波黒枝豆煮びたし2014年10月4-1

黒枝豆のお浸し

丹波産黒枝豆をお浸しにしてみました。
淡い味わいの漬け地にして豆の味と風味を楽しみたい一品。

ワインは①のシャンパーニュで・・・
①ニコラ・フィアット・ブリュット・レゼルヴァ・エクスプロレーション・ボトル
ノンヴィンテージ
泡白・・・・・・力強い味わいの辛口
生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
ブドウ品種・・・ピノノワール40% ピノムニエ40% シャルドネ20%
価格・・・・・・5200円

毎年デザインを変えて出される世界数量4500本限定の特別ボトル。
今年はエクスプロレーションと題しての登場。
「探検」と言う意味らしい・・・飛行機と星空がデザインされております。
味わいはしっかりとした骨格を持った力強さと熟成感を感じるバランスの良い泡で御座います。
下手気なシャンパーニュ買うんならお勧めです。

枝豆の甘さが淡い出汁によって引き出され、出汁の旨みと合いまって上品な余韻となって口中に残る。
コクのあるシャンパーニュがその余韻と重なり合ってハーモニーを奏でておりますよ!な~んてね!

フォワグラのポワレとおこげマツタケ餡2014年10月4-2

マツタケ餡かけ フォワグラのポワレと中華風おこげ

干し貝柱、干しシイタケ、昆布、鰹節、で採った出汁をベースに和風に限りなく近い中華風の餡。
最後にマツタケを加えて香り高く仕上げております。
おこげとフォワグラでまったり感とサクサク感もちもち感を楽しめる一皿。

ワインは②の滑らかな辛口の白ワインで・・・
②ジュリアン・ギヨ・マコン・ヴィラージュ
2012年
白ワイン・・・・滑らかな喉越しの辛口
生産国・・・・・フランス ブルゴーニュ マコン
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・2980円

現オーナーであるピエール・アラン氏のおじいさんであるピエール・グイヨが
1954年より有機栽培を行っており、フランス全土のワイン生産者の中で
有機農法の一番古い歴史を持ち、ABマーク認定を初めて取得した生産者として有名。
と!されております。要は今流行りの自然派と言われる生産者ですね。
1998年からはビオデナミに転換、2008年から現オーナーが醸造を手掛けております。

味わいは至ってシンプルに果実の甘みと滑らかな喉越し、
色合いは樽を使用しているかと思わせる濃い目の色合いが特徴。
時間と共に目に見えて色調が変化するのは酸化防止剤の添加量が少ないため?かと思われます。
時間と共に味が強く感じる傾向ですが、雑味も増えますね。
良いか悪いか・・・個人の好みって所で勘弁して下さい。
SO2無添加ワインにありがちな、シードル(本場の)様な酸化傾向の強い味わいは無く、
フレッシュなリンゴや鼈甲飴の風味と綺麗な酸味、滑らかでねっとりとしたアルコール感が。
今回のお料理の様な様々な味わいが楽しめるようなお料理とは相性がとても良いと思います。
ボンマリアージュで御座います。

黒ムツのヴァプール2014年10月4-3

黒ムツの変わったヴァプール

ホタテの貝柱、黒枝豆のすり身、黒ムツをなんて野菜(色付きのほうれん草みたいな野菜名前忘れた)で包み
蒸しあげました。
たっぷりのサフランを使ったコクと香りのあるソースで。

ワインは程よい熟成感が楽しめる③の赤ワインで・・・
③ピカーディ・ピノノワール
2007年(自社セラーリング物)
赤ワイン・・・・甘みのある滑らかな口当たり
生産国・・・・・西オーストラリア ペンバートン
ブドウ品種・・・ピノノワール
価格・・・・・・5000円

西オーストリア州の作り手さん。モスウッド(西オーストラリアのカベルネ赤で有名なワイナリー)の創設者。
とっても綺麗なワイナリーさんです。
DSCF0014.jpg
ピカーディーの葡萄畑

味わいは甘みがありながらも綺麗な酸味がしっかりと引き締めてエレガントに仕上げております。
熟成からくる滑らかな舌触りと旨みがこの料理のフワッと感と良く合います。
強めのサフランの香り、バターの滑らかさ、花紫蘇のアクセントとワインの滑らかな旨みが良く合います。
しかしピカーディのピノノワールは安定して良い味わいを提供してくれますねぇ。

仙台牛黒毛和牛A5もも肉の粕漬け2014年10月4-4

A5仙台牛もも肉の粕漬けグリル

黒毛和牛のもも肉を味噌と酒粕の合わせ味噌で漬けこみました。
おろした山葵を添えて如何でしょう。

ワインは④の豊かな味わいの赤ワインで・・・
④カステッロ・モナチ・アルタス・プリミティーヴォ・サレント
2005(自社セラーリング物)
赤ワイン・・・・豊かな果実味 バターの様な余韻
生産国・・・・・イタリア プーリア サリチェ・サレンティーノ
ブドウ品種・・・プリミティーヴォ
価格・・・・・・5500円

イタリア半島のかかとプーリア州のワイナリー。
この近辺は夜行バスで通ったことがありますがのぺっとした平地でやせた土地と言う印象が残っております。
まわりを海に囲まれた温暖な気候なのでしょう。
ワインは濃厚で果実が強く甘い印象のあるワインが多く見受けられますね。
このアルタスは年に2度ほどインポーターさんが輸入する予約制ワイン。
樽の使用率も高く本格的な国際規格を目指して造られる赤ワインです。

牛肉の脂の甘みと味噌と酒粕の乳酸的で麹的な甘さと香りが、
濃厚で葡萄の皮の旨みに富んだ味わいのこの赤ワインと良くマッチします。
熟成でこなれた感じが出始めて、リリース当初と比べると更に飲みやすくなっております。
和のテイストの料理でも十分に楽しめる一皿となったと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です