今週のワイン

投稿日:

2010年10月3
写真右から
①デ・ボルトリ・DB・ブリュットN/V・泡白・・・・・980円
  生産国・・・オーストラリア ニューサウスウェールズ リヴェリナ ブドウ品種・・・サルターナ90%ピノノワール10%
②レ・マンフレディ・ロザート・ディ・バジリカータ2009年・ロゼ・・・・・2300円
  生産国・・・イタリア バジリカータ ブドウ品種・・・アリアニコ
③ベルグストロム・オールドストーンズ・シャルドネ2008年・白・・・・・3150円
  生産国・・・アメリカ オレゴン州 ウィラメットヴァレー ブドウ品種・・・・シャルドネ
④ク・ド・クール・シャントコート2001年・赤・・・・・3980円
  生産国・・・フランス ローヌ ブドウ品種・・・グルナッシュ50%シラー40%ムールヴェードル10%
⑤モンテカストロ2003年・赤・・・・・3500円
  生産国・・・スペイン リヴェラ・デル・デュエロ ブドウ品種・・・テンプラニーリョ
小さいクロワッサン
プチクロワッサン
冷凍のパイ生地を丸めただけのシンプルな一品。中にはトントロの塩漬が入っております。再加熱する時にクリームチーズを乗せて円やかさを加えております。ワインは辛口のスパークリング①をシンプルに合せてみました。その他辛口の白ワインや軽めの赤ワインなんかも良く合いますよ。生地にアンチョビやトマトソースなんかを加えてもイイかも知れませんね!次回やってみます。
鴨の味噌漬け
フランス産鴨の味噌漬けサラダ仕立て
鴨のロースを味噌、ニンニク、日本酒、ハチミツ、オイスターソースで漬けこみました。味が染み込みませんので最低3日間は漬けて下さい。漬けこんだ鴨肉を水洗いしてフライパンでレア状態に仕上げます。冷蔵庫で冷しておいて食べる直前にカットしてサラダと共に提供して下さい。サラダはシェリーヴィネガーのドレッシング。上に掛かっているソースはバルサミコベースの甘いソースです。お肉自体に味が入っておりますのでソースはお好みで調整して下さい。ワインはエレガントな赤ワインかコクのある白ワインがお薦めですが、今回は美味しい②ロゼワインにしてみました。南イタリアのバジリカータ産のしっかりとしたコクロ有るロゼワインです。是非この美味しさを体験してみて下さい。
鱈の白子
鱈の白子のムニエル
白子は塩水(海水程度)で3時間は漬けてから使用して下さい。癖も消えて塩味も入ります。小麦粉で薄化粧をしたらバターでカリッとソテーして下さい。ソースはトマトのクーリをベースにオリーブ、大葉、ピクルス、炒めたタマネギを直前に合せております。さつま芋と栗をバターでソテーしたものを付け合わせにしております。白子のとろっとした味わいと酸味の利いた香り高いトマトソースが良く合いますよ。ワインはコクのある白ワインがお薦めでしょう!!と言う事で③のオレゴン産のコクのあるシャルドネを用意しました。樽の掛かり具合も程好く上品で飽きの来ない味わいの白ワインです。その他②のロゼワインも合いますよ。
もちぶたロースト
栃木産和豚もちぶた肩ロースのロースト
モチモチした食感はネーミング通り流石高級豚肉ですね。脂身も美味しいです。調理法は簡単、時間を掛けてじっくりと焼くだけ。中はピンク色に仕上げましょう。付け合わせにはレンコンとゴボウのキンピラ。手間を惜しまず出汁からしっかり作りましょうね。出来上がりが違いますよ。ソースはコリアンダーと生姜を利かせたハチミツのソースです。最後にシブレットを入れて味と香りをぐっと引きしめましょう。こう言う白系肉にはあまり濃すぎない赤ワインが良く合います。バラスが良くて良くこなれた渋みが有り、尚且つ甘みを感じられる赤ワイン。と言う事で④のローヌ産の赤ワインと⑤のスペイン産赤ワインを合せてみました。どちらのワインも甲乙付け難い良ワインですね。美味いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です