今週のワイン

投稿日:

2011年2月2
写真右から
①サンタ・マッタ・レーナ・ボルツァーノ・ピノ・ブラン2009年・白・・・・・1550円
  生産国・・・イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ ブドウ品種・・・ピノブラン
②ローラン・シュミット・リースリング・グランクリュ・アルテンベルグ・ド・ベルビデン2008年・白・・・・・3780円
  生産国・・・フランス アルザス ブドウ品種・・・リースリング
③シャブリ・ジェンヌ・1級・ヴァイヨン2008年・白・・・・・3150円
  生産国・・・フランス ブルゴーニュ シャブリ ブドウ品種・・・・シャルドネ
④エコ・バランス・ピノノワール2008年・赤・・・・・1050円
  生産国・・・チリ ブドウ品種・・・ピノノワール
⑤ニーノ・ネグリ・スフルサート・ヴァルテッリーナ2005年・赤・・・・・5980円
  生産国・・・イタリア ロンバルティア ブドウ品種・・・キアヴェンナスカ(ネッピオーロ)
タコのシシリー風
タコのシシリー風
ニンニクとオリーブオイルで炒めたタコに自家製トマトソースを絡めただけのシンプルな料理です。仕上げに赤トウガラシの粉を振りかけて少しピリ辛に仕上げれば何も言う事無しです。ワインは少し果実の甘さを感じる白ワインがお薦めです。なので①の果実の甘さが有ってとても癒される白ワインを合せております。
トリッパと白モツの煮込み
トリッパと白モツの煮込みアルザス風
トリッパと豚の白モツを白ワインと白ワインヴィネガーで煮込んだ料理です。白ワインヴィネガーの酸味が利いた一皿。ワインは定石通り②のアルザス産の白ワインをご用意しました。華やかな香り綺麗な酸味ほのかに残る果実の甘さがとても良く合いますよ。
白子のムニエル
白子のムニエル
ソースはマッシュルームをバターで炒めた所に、フォンドボーの二番出汁とシェリーヴィネガー、自家製トマトソースを加えて煮詰めた物です。白子のまったりとした味わいにキリッと引き締まったソースが良く合います。付け合わせは大根を野菜ベースのブイヨンで煮たもの。ワインはシンプルな辛口で爽やかさが有りながらも円やかさが混在する白ワインがお薦めなので③のブルゴーニュ産の白ワインで合せております。
鴨モモ肉のコンフィ
鴨モモ肉のコンフィ
鴨のモモ肉はミルポワと共に数日マリネして置きます。マリネした鴨を取り出して、鴨の脂や豚の脂でじっくりと揚煮すれば準備OKです。食べる前にフライパンで表面をパリッと焼きあげれば完成。今回のソースはオレンジソースにフォンドボーを加えて赤ワインを足したもの。付けわせには栗とスモークチーズのリゾットを添えてあります。ワインはフルーティーさがある赤ワインがお薦めので、④チリ産の赤ワインか⑤のイタリア産の赤ワインを用意しました。④はシンプルにフルーツを感じられる手頃さが魅力。⑤は葡萄を凝縮した味わいがとても味わい深い哲学のワインです。どちらがお好みでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です