ワインBAR 7月2週目の内容

投稿日:

2016年7月2

この週の代金内訳 食事4品コース4500円 ワイン4杯分5210円
合計9710円(税込)となりました。ご来店有難う御座いました。

写真右から

①ヴィルジル・ポルティエ・キュヴェ・ミレジメ・ブリュット・グランクリュ
2003年(蔵出し)
泡白・・・・・・・しっかりとした色調 コクのある味わい 熟成感あり
生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
ブドウ品種・・ピノノワール
価格・・・・・・・7500円

②ジュラー・デュプレシ・シャブリ・1級・モンマン
2012年(インポーターストック)
白ワイン・・・・・キレのある酸味 蜜の後味 樽の余韻
生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ シャブリ
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・・・4080円

③ドメーヌ・デ・ザコル・ミオセヌ
2014年
赤ワイン・・・・ピュアでスムーズな口当たり 旨みがあるけどクドクナイ 香りやや獣臭
生産国・・・・・フランス 南フランス
ブドウ品種・・グルナッシュ70% カリニャン30%
価格・・・・・・・4520円

④ピーター・レーマン・エイト・ソングス・シラーズ
1998年(当社セラーリング物)
赤ワイン・・・・・ヴィンテージポートや干しブドウのような優しい甘さ(しつこくない) まろやかな渋み 美味
原産国・・・・・・南オーストラリア  バロッサヴァレー
ブドウ品種・・・シラーズ
価格・・・・・・・・8000円


前菜4種 冬瓜の炊き上げ冷静キャビア乗せ 昆布〆黒瀬ぶりと桃の冷製
鴨とフォワグラ 桃のスープ雲丹乗せ

皆さま前菜が色々と種類があると楽しそうなので、
いつも欲張ってしまいます!喜んで頂けることに幸せを感じますねぇ~。

ワインは①の熟成感と味わいのしっかりとしたシャンパーニュで行ってみよう!

①ヴィルジル・ポルティエ・キュヴェ・ミレジメ・ブリュット・グランクリュ
2003年(蔵出し)
泡白・・・・・・・しっかりとした色調 コクのある味わい 熟成感あり
生産国・・・・・フランス シャンパーニュ
ブドウ品種・・ピノノワール
価格・・・・・・・7500円

黒ブドウ100%(ピノノワール)しっかり系の味わい!に!
熟成感をプラスした色調も濃い目の泡。大き目のグラスでゆるりといっちゃってねぇ。
桃との相性がいかんべぇ。

2016年7月2-1冬瓜とキャビア昆布〆黒瀬ブリと桃鴨とフォワグラの皿3桃スープ雲丹乗せ


スズキのカルトッチョ

魚出汁を3種類使用した旨みの強い一皿に!②の白ワイン
②ジュラー・デュプレシ・シャブリ・1級・モンマン
2012年(インポーターストック)
白ワイン・・・・・キレのある酸味 蜜の後味 樽の余韻
生産国・・・・・・フランス ブルゴーニュ シャブリ
ブドウ品種・・・シャルドネ
価格・・・・・・・・4080円

味わいのしっかりとしたシャブリの1級、
料理にいっぱい入った魚介のミネラル感との相性がいかんべぇ。
うんめぇーやねえぇ。
しっかり味わいがありつつも、
下支えしている切れの良い酸味がなんとも気持ちいいねぇ。
シャブリもこれ位の出来になってっくっと、
いい塩梅だわぁ。

2016年7月2-2スズキのカルトッチョスズキのカルトッチョ中身


牛三味

常陸黒毛のばら肉は寿司に
国産牛のハチノスはゆず味噌で
仙台牛は一口ステーキに!良い感じだんべぇ。

合わせるワインは③の赤ワインで

③ドメーヌ・デ・ザコル・ミオセヌ
2014年
赤ワイン・・・・ピュアでスムーズな口当たり 旨みがあるけどクドクナイ 香りやや獣臭
生産国・・・・・フランス 南フランス
ブドウ品種・・グルナッシュ70% カリニャン30%
価格・・・・・・・4520円

ブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラルロで醸造責任者だった
オリヴィエ&フローレンス・ルリッシュ夫妻が手掛ける新しい作り手さんっす。
ラルロと言ったらニュイ・サン・ジョルジュの人気の生産者だかんねぇ。
それなりの待遇を受けてたんだと思うけど・・・やっぱ自分のワイナリーを持ちたいんだねぇ。
やっぱラルロと比較されるのは当然だわなぁ。
つったてねぇ場所も違えば葡萄も違うわけだから、
当然仕上がりも違ってくるわけさぁ。
味わいはピュアで飲みやすい、
葡萄の甘みと旨みが自然に感じられて染み入るようなんだなぁ。
一点だけ難を言えば香り。
少し獣的(近くに牛舎があって風に乗って香るようなときの感じに近い)な
ニュアンスがあってねぇ・・・苦手な人はいっぺねぇ。
まぁ一口飲んじゃえばその後は気になんなくなってくんだけどね。
トータルで言ったらうまいよねぇ。飲んだ皆さんの反応は良かったもんねぇ。
肉との相性はやっぱ良いわなぁ。くせが強過ぎず弱すぎない和牛はよく合うよねぇ。

2016年7月2-3牛三味


エゾシカのロース

シンプルだなぁ。ソースはペドロヒメネスで甘さとコクと香りを強調してっけどねぇ。
ワインは④のオージー古酒。貴重だねぇ。

④ピーター・レーマン・エイト・ソングス・シラーズ
1998年(当社セラーリング物)
赤ワイン・・・・・ヴィンテージポートや干しブドウのような優しい甘さ(しつこくない) まろやかな渋み 美味
原産国・・・・・・南オーストラリア  バロッサヴァレー
ブドウ品種・・・シラーズ
価格・・・・・・・・8000円

1998年産のオージー、
なかなか現地でもねぇかんねぇ。
オージーワインの創成期を代表する様なベンチャーファミリーワイナリーだよねぇ。
今は違うけど・・・残念。ところで、
ベンチャーファミリーワイナリー。ベンチャーファミリーワイナリー。ベンチャーファミリーワイナリー。
って早口言葉みたいねぇ。
あれ!それとも、ファミリーベンチャーワイナリー?え!ワイナリーファミリーベンチャー???(笑)
んん~なんでもいいかぁ、どうせ誰も読んでねぇしねぇ。

味わいは干しブドウの様な甘さがあって、香りは正しくペドロヒメネスだねぇ。
少し少しだけどスペインのウニコに雰囲気が似てんねぇ。
言い過ぎかぁ??いやいやいやそんな事ねぇぞぉ。
まだまだ行けそうな感じだし、すごいよぉ。
美味しいねぇ。シカに負けてないねぇ。こりゃ値付け間違えたな!!

2016年7月2-4エゾシカロースのロースト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です