今週のワイン

投稿日:

2011年8月4
①ミゲル・トーレス・サンタ・ディグナ・カベルネ・ロゼ2010年・ロゼ ・・・・・1180円
  生産国・・・チリ クリコバレー ブドウ品種・・・カベルネソーヴィニヨン
②パリサー・エステート・マーティンボロ・リースリング2007年・白・・・・・2150円
  生産国・・・ニュージーランド マーティンボロ ブドウ品種・・・リースリング
③モスウッド・マーガレット・リヴァー・シャルドネ2005年・白・・・・・5800円
  生産国・・・西オーストラリア マーガレットリヴァー ブドウ品種・・・シャルドネ
④レ・コルティ・ドン・トマーゾ・キャンティー・クラシコ2003年・赤・・・・・4500円
  生産国・・・イタリア トスカーナ ブドウ品種・・・・サンジョヴェーゼ主体 メルロー
いぶりがっこ
いぶりがっこ
Meg様から頂いた秋田土産です。沢庵をスモークしたワインに合うおつまみですね。ちょっと甘じょっぱい味わいですのでワインは少し甘みを感じる①のロゼワインで合せております。結構幅広く合せやすい食材です。
森林鶏の胸肉サラダ仕立て
森林鶏胸肉のしっとりボイル 梅肉ソース
鶏の胸肉を野菜のだし汁でしっとりとボイルして有ります。中はピンク色に仕上げるのがポイントです。梅肉のソースで爽やかに召し上がれ。ワインはキリッと引き締まった酸味のある②のニュージーランド産の辛口の白ワインで如何でしょう。
オマール海老のリゾット
オマール海老のリゾット
フォン・ド・オマール(オマールエビの出汁)を採るのに手間が掛かりますねぇ。香味野菜や白ワインでコトコト煮込んで作りますが、魚介なのであまり時間は掛け過ぎない方が良いです。オマールのコクが前面に出た濃厚なソースが何とも贅沢な一品になりました。ワインは料理に負けないしっかりとした味わいの③のオ-ストラリア産の辛口の白ワインをご用意しました。赤ワインなら渋みの強くない酸味の利いたブルゴーニュなんかが良いですねぇ。
豚スネ肉の煮込み
豚スネ肉の煮込み
このお料理は1週間前から仕込みました。先ずはお肉を塩漬けにして三日間。茹でこぼす事3回。香味野菜、スプマンテ1本、リンゴジュース2リッター(本当はシードルを使用するらしい)と共にコトコト煮込む事3時間。煮汁に漬け込んだまま冷蔵庫で一晩。ここまでで5日間掛かっております。骨から身を外し一人前ずつをグラタン皿に盛り付けして、上から濾したスープを掛け弱火で煮込んで完成です。この料理に限らずですが・・・一言「ふう~」って感じです。ワインはこなれたバローロが良いと思ったんですが・・・予算上無理!!って事で仕方なく④の赤ワインをご用意しました。全くキャラクターが違いますが03年と言う事も有り程好くこなれていてまずまずの相性を見せてくれました。その他③の白ワインでもイイ相性です。密かにシャンパーニュもお薦めです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です