今週のワイン

投稿日:


写真右から
①プリミティーヴォ・ディ・マンドリア・ヴィニコラ・レスタ2005年・赤 ・・・・・2480円
  生産国・・・イタリア プーリア ブドウ品種・・・プリミティーヴォ
②ヴォエジャー・エステート・ソーヴィニヨンブラン・セミヨン2006年・白・・・・・2800円
  生産国・・・西オーストラリア マーガレットリヴァー ブドウ品種・・・ソーヴィニヨンブラン55%セミヨン45%
③オーボンクリマ・サンタマリア・ピノノワール2007年・赤・・・・・3780円
  生産国・・・アメリカ カリフォルニア ブドウ品種・・・ピノノワール
④フェウディ・ディ・サングレゴリオ・ルブラード・アリアニコ・イルピニア2006年・赤・・・・・2400円
  生産国・・・イタリア カンパーニャ ブドウ品種・・・アリアニコ
⑤ケープメンテル シラーズ2003年・赤・・・・・3500円
  生産国・・・西オーストラリア マーガレットリヴァー ブドウ品種・・・シラーズ
秋刀魚のリエット写真撮影失敗(後日再チャレンジします)
①の赤ワインと頂きました。秋刀魚と赤??とお思いでしょうがこれが又合うんですねぇ。香りも味も個性的。このワインにはどこか片田舎を思わせる温かみが有りますねぇ。郷土の香りとでも言いましょうか??あまり上品すぎる料理よりも郷土料理の様な個性的なお料理と合わせたいワインです。
海幸のカクテル
海の幸のカクテル
ちょっと!!お洒落ですねぇ~上に乗っているのは甘エビ、タコ、蛤。中盤上には香味野菜のアッシェ中盤下にはトマトのクーリ、最下部には豆乳のソース。スプーンでぐちゃぐちゃにして召しあがれ!豆乳がクリームチーズみたいで面白い。この料理の問題点は下準備に時間掛り過ぎ。食べるのはあっ!?と言う間・・・なのにぃ。でも美味しければ良いか!今回は②のキレのある辛口の白ワインと合わせてみました。通年だと果実味がもっとパワフルなんですが06年は寒かった!お陰でスッキリとした酸味を纏った上品な辛口に仕上がりました。実はこの年このワイナリーさんに訪問していたのですが結構寒かったのを覚えています。天候が不順で赤ワイン用の黒葡萄の収穫が大幅に遅れていました。逆に白ワイン用の葡萄は酸味が有ってとってもエレガントな仕上がりになるはずと言っていましたねぇ。正しくその通りの味わいになっております。流石プロです。
ラムコートレット柿ソース
ラムのコートレット柿のソース
下に敷いてある付け合わせは豆乳を作った後のオカラを再利用しました。中にはチーズ、卵、タマネギ、ベーコンが入っています。ソースに使った柿は我が家の裏庭にから。合わせたワインはそれぞれ個性の違う3種類。③はフルーティーでたっぷりした果実味が有るカリフォルニアのピノ。柿のソースとお互いが相乗し合って良く合います。④は強めの個性としっかりめの渋さがある重めの赤ワイン。やはりラムには強めのワインじゃなくちゃと言う方はこちらがお薦め。インパクトの有る造りで価格も抑えめ人気が有るのも肯けますねぇ。⑤は料理トータルの味わいとマッチします。03年のバックヴィンテージ。熟成に伴い硬さが解れ円やかさと重厚さとエレガントさがバランス良く溶け合っています。今正に飲み頃を迎えておりますねぇ。
柿
裏庭の柿
樹齢50年ぐらい
ワインで言えばヴィエイユ・ヴィーニュ?
今回のソースに使いました。
柿と牡蠣
箸と橋
飴と雨
文字で書くと違いが分かるが
発声すると区別がつかない・・
そんな私は栃木人

コメント コメントを追加

  1. meg より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ア、アタシの好きなのがいっぱい・・・

  2. jirakuya より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > ア、アタシの好きなのがいっぱい・・・
    残念でしたぁ
    しかし秋刀魚のリエットは
    引き続き今週もございますYO
    追伸:タムラ姉から商品届いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です