今週のワイン

投稿日:

2010年3月2
写真右から
①ネペンス・ジンファンデル2004年・赤 ・・・・・3350円
  生産国・・・南オーストラリア アデレードヒルズ ブドウ品種・・・ジンファンデル
②AtoZ・ロゼ2005年・ロゼ・・・・・2280円
  生産国・・・アメリカ オレゴン ブドウ品種・・・サンジョベーゼ
③ダーレンベルグ・ラストディッチ・ヴィオニエ2007年・白・・・・・2650円
  生産国・・・南オーストラリア マクラレンヴェイル ブドウ品種・・・・ヴィオニエ
④シャトー・ラ・コマンダリー2006年・赤・・・・・2500円
  生産国・・・フランス ボルドー サンテステフ ブドウ品種・・・カベルネソーヴィニヨン55%メルロ40%カベルネ・フラン5%
⑤ドレイ・ドナ・マニフィカ・テヌータ・ラ・パラッツァ2001年・赤・・・・・4800円
  生産国・・・イタリア エミリア・ロマーニャ ブドウ品種・・・カベルネソーヴィニヨン
豪州土産2
豪州土産のパルメザンチーズ
しっとりとした食感で塩加減も程好く、あまり癖の強くない味わいです。南豪州産と言う事で、安易に同じ産地のワインを合せてみました。ジンファンデルはアメリカで成功を収めているブドウ品種ですが、元を辿ればイタリアのプリミティーボと言うブドウ品種、イタリア移民によってアメリカにもたらされたとか。さて①のワインいわゆるらしい味わいとは違いとってもエレガント。造り手さんの特徴でしょうか?とっても良く合います。
鮪の頬肉のタイ風
鮪の頬肉のタイ風ヘルシーサラダ
一晩ズケにした鮪の頬肉を唐揚げにしてトッピング。下のサラダ類はセロリ、ニンジン、大葉、パクチー、万能ネギにメカブが入っております。オット忘れてた!?中国土産のサラミが入ってます。ドレッシングはナンプラーをベースにフレッシュライム、醤油、スイートチリソース、トムヤムペースト、白ワインヴィネガー、オリーブオイルで甘辛酸っぱくエスニック風に。合せるワインはこう言う料理に万能なロゼワイン②か華やかで香り豊かな③の白ワインにしてみました。どちらのワインも良く合います。その他南仏のやや甘口のミュスカやアルザスのゲヴュルツなんかも合うでしょう。
 
牛頬肉とハツの赤ワイン煮込み
牛頬肉と牛ハツの赤ワイン煮込みポレンタとバニラクリーム添え
牛肉は赤ワインとミルポワで一晩マリネしてからじっくりと煮込みます。基本、赤ワインとミルポワだけで煮込みますので野菜の旨味とお肉のコクがシッカリと出る割には後味爽やかです。二種類の部位に合わせて二種類の赤ワインを用意してみました。油とゼラチンが入いりこってりとした頬肉には④の若々しい渋さと酸味のあるボルドーワインを淡白でしこしこした食感が楽しいハツには⑤の円熟したイタリアを口の中でお肉と一緒にむしゃむしゃといかがでしょうか。どちらも違った個性があり楽しいですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です