Pickup wine

ポール・ジャブレ・エネ・エルミタージュ・ラ・シャペル・ルージュ2003年
ポール・ジャブレ・エネ エルミタージュ ラ・シャペル ルージュ
赤ワイン・2003年・・・25000円
生産国…フランス コート・デュ・ローヌ エルミタージュ
ブドウ品種…シラー
ポール ジャブレ エネ
前回『オマージュ』した側のワインを紹介しましたので、今回はされた側の紹介。この蔵元
さんは1834年から続く・・・まぁ押しも押されぬ名門ワイナリー。今の当主ポ-ルさんで
7代目って事らしいっす。リヨンから車で南下する事約100キロの所にあるのがエルミタ
ージュがあるタン・レルミタージュ。ローヌ川沿いに広がる綺麗な街ですよ。そこに小高い
山が有り一面のブドウ畑となっとります。この街道は素晴らしくヴィエンヌからアンピュイを
抜けコート・ロティ、コンドリュー、サンジョゼフ等など北ローヌの銘醸地が軒並み顔を揃え
てます。実際に行ってみると楽しすぎてウホウホデス。
さて、今回のワイン。『ポール・ジャブレ・エネ エルミタージュ ラ・シャペル ルージュ』
20世紀最高の1本に選ばれた事の有る…と言ううたい文句で有名な赤ワインです。「ラ・シャペル」
とはエルミタージュの山の頂上にポツンと建つ教会風?の建物の事。結構高い急斜地にこじんまり
と建っております。何か云われが有ったのですが…喪失。ワインは様々な畑から選りすぐった古木
からのブドウを極限まで収量を抑えて収穫。醸造から熟成に至るまで丁寧に醸しております。そう
そう簡単には飲む機会なんて御座いませんが…過去数回に渡り飲んだ時の感想を少し。香りは複雑
で簡単には微笑みません。これがウン万円!と思わせるには経験が必要な印象。そう~です!シンプ
ルには分かり易い味わいとは言い難い印象なのですねぇぇ。私、個人的は大好きな香りと味わいな
のですが…。この複雑さ、奥ゆかしい果実味、こなれた渋み、干しブドウの様な後味、木の風味、
爽やかなスパイス、甘いスパイス、ンン~美味い。(注)今回紹介しているヴィンテージより古い
ものを飲んだ時の印象です。この複雑な感じって中々フランス以外の産地で出ずらい特長ですねぇ。
それが!醸造家&評論家がよく口にする言葉!!『テロワール』って事でしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です